zakka interior piano


by carbon1999
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:感謝のきもち。( 56 )

BILL EVANS

もっぱら、carbonにいるときはレコードをかける習慣になってきたのですが

近頃は、「BILL EVANS」スゴくいい!!

フランスに行っているときに、兄ちゃんに庭の植物の水やりを頼んでいたら

けっこう、私の家でゆっくりしていたようでBILL EVANSのレコードを見つけて

会うなり、「なんで、オマエがBILL EVANSを持ってんねん!!」と言われ、

俺は高校のときからずっとJAZZが好きで、その中でもBILL EVANSは特別だっと

言う話を延々聞かされて....兄弟でも知らないことはまだまだ沢山あるようです。

でも、高校生の頃の兄ちゃんを思い出すと、SONYのウォークマンをいつも付けていました。

だから、SONYのCMで猿がウォークマンつけて音楽を聴いてるかのようなCMは

兄ちゃんそのものだった。笑

BILL EVANSについてちょっと詳しくなって毎日、聴いています。

carbonにお越しの際は、流れている曲に耳を傾けてみてください。

雑誌の取材でクゥのドックフードを入れる器を写真に撮ることになり、何枚撮っただろう、、

写真、ホントに難しいですね。

f0190816_824560.jpg






























2017.9.20
[PR]
by carbon1999 | 2017-09-20 08:24 | 感謝のきもち。

フランス旅行 2017

f0190816_23493254.jpg


8月19日・20日はcarbonのリニューアルにお越し頂いたみなさま、

当日は行けなくてゴメンなさいっとお花やメールをくださって気にかけて頂いてたみなさま、

そして、イベントを盛り上げて下さったみなさま、ホントにありがとうございました♡

今回のフランス旅行はそんな方のことを思い出しながら、コレからcarbonをどんなスペースに

していこうか、改めてじっくり考える旅になりました。


1993年に訪れたパリで見つけた雑貨屋さんはそれから必ず立ち寄る場所でした。

そのおじちゃんと初めてお話しすることが(通訳してくれる子が一緒だったから)できて、

最初のときに母のお土産で買ったイギリス製のティーカップのコトやお店のコンセプトは

自分の「今」気に入ったモノだけ!という思いがよく似ていてずいぶん盛り上がった!!

そのおじさんにcarbonのホームページを訊かれてその場で開かれた!「日本的じゃないよう

だけどベースに日本的なモノがあるよ!」とか言われて、ホンマかいな、、と思いつつ...笑

そして、「メゾン・エ・オブジェにこなきゃダメだよ、絶対に!来週だよ」と言われた。

広すぎるのと、仕入れの金額から考えるとそこに2日間と旅費を+して利益を考えて・・・

となると、他の仕事を(取材など)絡めない限りちょっとしんどい気がずっとしていた。

でも、私がそのお店でチョイスしたモノがすべて同じハウスのモノらしくて、きっと

好きなモノが似ているんだね!と言われました。しかも、メーカー名まで教えてくれて

僕からの紹介だと言ってメールをしたら取引できる思うよ。とってもありがたいんだけど...

話しが長すぎて、ダンダンとテンションが下がったのも本当のキモチ、、、アハハ。

友達もいたしね!


そして、郵便局で荷物を梱包していたら日本語で話しかけてきたフランス人を怪しく思い

軽く無視していたら、友達にフランス語で話しかけてなにやら会話している様子でしたが

一人で梱包に勤しんでいたら(若干ふり)そして、おじさんがどこかに行ってから「なんて?」

って訊いたら、「なんか、今の人東京で2店舗お店をしてる人で、コリッシモ(郵送の箱)は

パッケージだけだから高いよ!段ボールに入れて郵便局にもって行ったら安いよ。だって」

「えー!!!日本のどこで?なんの店よ!!」、、みんなを怪しく思うのは悪い癖です。


初めて知った情報だったのですが、毎月第一日曜日は美術館が誰でもフリーの日でした。

時間が許す限り、1日中ミュゼ巡りをしていました。歩き疲れてカフェで2時間くらいゆっくりも

できてそんな時間もなんだかとっても贅沢な気分でした。












































2017.9.9
[PR]
by carbon1999 | 2017-09-09 01:20 | 感謝のきもち。

ひまわりなcarbon

f0190816_09438.jpg


イラストレーターのひろやまkyo子さんから届いたひまわりデス。

とっても嬉しい1枚でした。


なんかね、オランジュリーでみた「睡蓮」を思い出す。

あの椅子に座って、あの空間で観る、睡蓮。

(観るというより、そこにいるというコトにしびれたとーおい記憶)

ヨシ、もう一度見に行こう!!!!!



























2017.8.28
[PR]
by carbon1999 | 2017-08-28 00:31 | 感謝のきもち。

夏が始まる。

f0190816_1214835.jpg

今年もみたこともないような、夏がきっとやってくる。

ブルーにヒカル点滅がなくなっても、手にするイエローがなつかしく思えても、

ジリジリと暑い夏が始まる。

今年はどんな夏が始まるんだろう!って今、考えただけでニヤってしてしまった。

なんでだろう、全然楽しくもないのに。コワっ

抽選で当たってほしいモノがあったから、イヤなことが沢山あった方が当たりそうで、

ムカつくコト大歓迎!!というキモチで頑張っていたら....抽選ハズレた。

残ったのは、ムカつくコトだけだった。笑!夢みた分は頑張りまーす。
















2017.6.27
[PR]
by carbon1999 | 2017-06-27 01:39 | 感謝のきもち。

carbonを忘れずに!

f0190816_015831.jpg


carbonには大好きな人の誕生日プレゼントをぜひ、選びに来てください!

気の利いた、喜んでもらえるような、クスっと笑わせれるような、HAPPYなキモチに

なるような、そんなのを一緒にさがします!!

ちゃんと師匠に学んでこの仕事を続けています。だから、大丈夫デス。外しません!笑。

HAPPY BIRTHDAY!carbonオリジナルマッチもあります。ケーキの上のローソクに

火をつけて、フーッって一息で消したら、その1年はきっと素晴らしい1年になります。

一息で消してくださいね!























2017.6.21
[PR]
by carbon1999 | 2017-06-21 00:15 | 感謝のきもち。

月のはなし。

f0190816_058084.jpg

福井県に行ってきました。

次回、KAMAKULANIで執筆していただくヒナタカコさんを訪ねて。

大自然とコレでもか!!というくらい2日間たっぷり向き合ってきました。

ホントに時間がゆっくり流れて、空や夕日や月の存在の中にどっぷり浸かり過ぎてどっちが

当たり前のコトかわからないくらい自然の中にいたような気分にさせられました。

この月を見て、「今日は満月かも!」の言葉に、「イヤ、まだです。きっと明日ですよ」

そう答えてケータイで月暦を検索すると翌日の6月9日が満月でした。

「すごいねー、よくわかったね!」ってコレだけのコトでも話は盛り上がる楽しい時間。

ゆっくり話すのは初めてなのに、なんにも話さない時間もとっても心地よかったデス。

私の中にあるいろんなキモチを福井に連れて行ってあげてよかったー。


月をみたら「あいつだ!」って思われているようで、LINEに何人か「今日はストロベリー

ムーンだよ!」ってきてた。笑、、そんなコトしらないよー!って感じですが、ありがたく。

6月がイチゴの収穫だから6月の満月はストロベリームーンっていうらしい。

ピンクムーンは4月の満月(なぜかは自分で調べてね)。

でもね、ニック・ドレイクの「PINK MOON」が12月のスターバックスで流れたから

私のPINK MOONは12月。

人生で月を見ながら誰かと大切な話してきた時間がたくさんあります。同じようなカタチの

月を見るとその時のコトを思い出す。ときどき上書き保存されることもあるけど。

この月を見たら、私は三国の歌姫のコトをずっと思い出すのだと思う。

・・・・続きは6月27日のKAMAKULANIで。



























2017.6.10
[PR]
by carbon1999 | 2017-06-11 01:34 | 感謝のきもち。

お母さん、ありがとう。

今年、はじめてかもしれない。

母の日にSNSをみて、あーもぅ、「お母さんありがとう!」って言ってもらえる人生は

自分にはないんかなーって思った。(すごく客観的になんですけどね)

ほのぼの投稿をみながらなんとなく、ムゥのコトを思い出しました。
f0190816_1231846.jpg

「ありがとう」って言葉に重みを持たせてくれたのは、犬が死んだときでした。

仔犬が家にやって来てから3年間は、ちょっと新米母さんの気分を味わえるのですが、

5年、6年になると友達みたいな、同志みたいになっちゃって10年くらいするとクチゴタエしない

夫婦(?)のような信頼関係ができあがり、最後は親の介護をする感覚でちょっと長目の

要介護生活を5年、送りました。そんな15年を共に過ごして、培ったモノはとんでもなく大きい。

ムゥが息をしてるかどうかわからないときに出た言葉は「ありがとう」以外になにも

思いつかなかった。いっぱいの感謝したいことがあっても「ありがとう」だけでした。

(多分、泣きながら2000回は言ったと思う)

あ、あとは「離れたくないなぁー、なー?」もたくさん言った。

ホントに、「ありがとう」ってステキな言葉です。

その日から「ありがとう」って言葉はたくさん使うようになったし、ありがとうって言われた

ときの受け取る感じも変わった気がする。ちょっと重さを感じる。


今年の母の日は、少し前に小料理屋で出た秋田のいぶりがっことマスカポーネの

組み合わせが美味しかったから、ミニバラとセットでテーブルの上に置きました。ですが、

やっぱりココでは「ありがとう」は出てきません、、、折角の話が台無しですね!笑。

※ムゥの写真、同じコーギーでもやはり男の子ですね、貫録がある。クゥとは違うわー
























2017.5.16
[PR]
by carbon1999 | 2017-05-16 12:20 | 感謝のきもち。
「憂鬱でなければ、仕事じゃない」見城徹さんの本を4、5年前に読んで

また、最近読み直してみました。
f0190816_1255416.jpg

6年前に組織の中にも入って仕事するようになって、久しぶりに勝手が違う状況に

増えるのは達成感よりストレスばっかりでした。

(そんな頃に読んで、そっか!となんとかキモチを持ち直した記憶)

イヤなコトを一切せずにお金をもらえるワケがない!そう自分に言い聞かせて

「ん?」って思うコトも、やりたいコトのために、守りたいモノのためにやってきた。

っで、今、ココに「carbon」という場所がある。

今はいろんなコトができる場を与えてもらえてるような気にもなって、仕事も楽しいと

しんどいが僅差で「楽しい」が勝っている。やっとそう思えるところまでキタ感じ。


昔、雇われ時代に意見が対立して、社長に向ってスゴく失礼なコトを言って会議室から

席を立って、出たことがある。(何十年も前のはなし)

自分が経営者になってお給料を渡す側になったときに、「あっちゃー」と1番に反省したコトだ。

ご本人に、「あのときはホントゴメンなさい」と言ったら、「そんなコトあったん?忘れてるわ!

DEKIは大体が失礼なコト言ってるもんなー、、けど信頼はしてる」と言ってくれて、「ホッ」とした。

そして、再び懲りずに雇ってくれている。笑!(未だ健在のトキドキの失言はご愛嬌!)
















2017.5.12
[PR]
by carbon1999 | 2017-05-12 01:22 | 感謝のきもち。
鎌倉を舞台にしたドラマ、「ツバキ文具店」

数年前に、鎌倉で水彩画教室に通っていました。ふるーいカッコいい会館デス。

その「大町会館」でのお葬式から始まるドラマだったから、ゆかりの地を観る気分でした。

その絵画教室で出会った人たちは、ホントにドラマに出てるような空気感を持っている

人ばかりでした。
f0190816_2532681.jpg


ちょうどその頃、自分を取り囲むいろんなモノをちょっと切り離して、仕事関係者でもなく

慣れ合ったメンツでもなく、フラットなキモチになれる場所をみつけた!って感じでした。

絵画教室の先生は先日、還暦初婚(え!そこ説明いらない?)で、大町会館で結婚式を

されました。写真を見せてもらってとっても楽しげで、参加したかったー。

f0190816_25414.jpgドラマ「ツバキ文具店」は、文具のいろんなアイテムが

出てきたり、文章を作る手法だったりレタープレス要素も

ありながら、人にキモチを伝えるヒントみたいなものも!

単調で静かなのに眠たくならないステキなドラマです。

(G.W中に3話まとめてやっと観ました)

多部未華子ちゃんカワイさも見どころデス。


























2017.5.7
[PR]
by carbon1999 | 2017-05-07 02:59 | 感謝のきもち。

たんぽぽ...14年前。

先日、実家に帰ると断捨離中でした。私の雑誌や本がまとめられていて持って帰るように

言われたので、「全部捨てといてー!!」と頼んだ。

母は、「carbonの掲載誌やで!!」と言ってきた、速攻、「いらーん」と答えた。

あっても見ることないし、、、。

母は激怒。「持って帰って自分で捨てなさい!」で、持って帰ることになりました。

その話を友達にしていたら、見たい!と言ってくれたので、今日carbonに持って行きました。

taemiちゃんがずっと楽しげに読んでいた。そして、モモを発見!!!そう、こないだの

カフェ「たんぽぽ」(←お話はコチラからどーぞ)のモモちゃんです。なんと、14年前!

誌面タイトルは『carbon デキさんが案内する大阪谷町6丁目』だって、おもしろーい。

昔の掲載誌も子供とかいたら、何十年も経つと楽しいかもしれない。
                             (2003年)
f0190816_23182564.jpg

                   
f0190816_23185016.jpg

                            (2017.4.24)

































2017.4.27
[PR]
by carbon1999 | 2017-04-27 23:32 | 感謝のきもち。