zakka interior piano


by carbon1999
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:piano( 80 )

ピアノ発表会 2017

7月のピアノ発表会を前にして、いろいろありますね。すること!

社会にいるといろんな役割の人がいて、私自身もその時に応じていろんな役割につきます。

ちゃんと見ているつもりでも、案外そうでなくて見落としているコトもたくさんありますね。

ピアノ発表会だけを取って考えてみても、今年は会場も変わり、メンバーも変わり、色々

勝手が違うくてホントに大変だったんだなーと改めてみんなに「ありがとー」と言いたい。


発表会が終わればcarbonの改装工事が始まる。

それの準備はすでに始まっていて、今の作業は細かい部分での立体パズルをコツコツと

組み合わせている感じ。お気に入りのサーモタイルが2014年に廃盤になっていて日本中を

2畳分探してもらっていて、全然どこにもないから自分でも探しまくっている。

(お気に入りの素材は現物のサンプルを取ってます。廃盤になっても似ているのを探せる)

電気のスイッチの位置やら、新規で作る壁には配線を通して灯りを付ける?とか。

でも、すべてが新しくなる!なんて力も入っておらず、なんかこんな感じで、、というくらいに。

力入れると、身の丈工事費が身の丈を上回る危険性もあるのでほどほどにしないと。


そしてちょっとcarbonへご褒美のキモチでピアノのイラストを描いてもらった。とっても素敵な

ピアノのイラストでエールをもらいました!あとは、carbonでなにを作ろうか!というところ。

KAMAKULANIでステキな出会いをした三嶋さつきさんのイラストです。
f0190816_1443344.jpg

ぜひ、www.kamakulani.comで彼女のお話を読んでいただきたいです。

三嶋さつきさんの作り出す作品にある「らしさ」を感じることができます。まだ、学生さんだから

コレからがホントに楽しみデス。若さから思うことかもしれないけど、今しか作れない

作品のように思えてその喜びもこっそり感じています。

っで、carbonからどんなモノが生まれるか見ていてくださいね。

























2017.6.23
[PR]
by carbon1999 | 2017-06-23 02:23 | piano

ビデオのスゴさ!

f0190816_01628.jpg
carbonでは、年2回のピアノの発表会を行っています。

夏にホールで、冬にレストランで食事をしながら。もともとは12月に周年イベントと

クリスマスを絡めて開催していたのですが、12月のレストランを抑えるのが年々

厳しくなってきて、ココ2、3年は、春の発表会になっています。笑!

最近、雑貨屋とピアノ教室、工務店の企画、ホントに仕事って自分との闘いなんだなーって

色々と停滞していた時に、机の引き出しからピアノ生徒にあげようって思っていた発表会の

DVDが出てきました。

3才から習いに来てくれていた男の子が去年の春に関東の大学に入学が決まり、

教室を辞めました。最後の発表会に「幻想即興曲」を猛練習で演奏しました。

その演奏がホントにスゴくて、コレは絶対にあげなきゃ!と思いDVDを用意していました。

3才からcarbonに通い始めて、最初の発表会は「アンパンマン」を3人で合奏しました。

その彼が一人だけうまくできなくて...。でもそれもご愛嬌で可愛かった。


大学の長期の休みで帰阪の度に連絡をくれるのですが、いつもタイミングが合わなくて、

最近では、東京に来る時に連絡してよ!と言われています。笑!

彼とは仲良くなるまで、かなり時間がかかりました。お互い(多分)他人にあまり

興味がなくて、相手の出方次第といったところでしょうか、どちらもそんなに触れない

からキッカケがない感じでした。その距離感も私は好きでした。でも、高校生くらいになると

一気に距離が縮まり、チケット制で通うようになった彼が先生ではなく私のケータイに電話して

きて「有効期限が切れそうなんやけど使えるようにしてくれる?」とか言うんです。

もー、笑えて、笑えて。「いいよー!」と言ってあげると、「ありがとうー」って一言で完了!


今回、そんな彼の「幻想即興曲」のビデオを再生するタイミングが良すぎた。

停滞中の私が今までしてきたコトに少しでも意味があったかのような気分にさせてくれた。

一人では、carbonは続けて来れなかった。ホントにそう思う!支えられているんです。

すべてのコトに。(イイことも、あまりよくないコトにさえも)

さ、20周年まであと、2年。(正確には1年半)頑張る以外の選択肢は見当たらない。

2014.7.14


























2017.4.22
[PR]
by carbon1999 | 2017-04-22 00:14 | piano

2017年 ピアノ発表会♪

f0190816_24149.jpg
carbonの1周年の時に(2000年12月)天保山のホテルで

ピアノ発表会をしてから、今年で何回目なんだろう?たしか、1回やらなかった

年があったような気がする。今までホントにいろんなコトがありました!!

吉田先生は1回目の時には既に参加していて、中道先生はリッツ・カールトン大阪でした、

10周年の発表会が初めての参加だったらしい....いまや、すべての構成は中道先生の

完璧な仕切りで成り立っています。吉田先生は私のヨコでいつもケタケタ笑っていてリラックス

させてくれながら、ときどき「DEKIさん、それはダメです!」と言う役割をちゃんとしてくれます。

1年前に卒業した関本先生はオナカの赤ちゃんとお客さんとして参加してくれました。

みんな、ホントにスゴイよなー。ありがとう!

長く続いている発表会は私が一人でやってきたことではナイ!ということだけは

ハッキリしています。

毎年、楽しみにしてくれている生徒さん、講師、carbonのスタッフたちのオカゲで続けてくる

コトができたんだなー、と積み重なった年月を振り返ると特に思います。
f0190816_2412851.jpg

今年は、リッツ・カールトン大阪での発表会でした。食事も会場のコーディネートも

ホントにイイ感じにしてもらって感謝しかないです。あと2年で20周年なんで

しっかり営業もされてしまいました。笑!はい、頑張りましょうー。
f0190816_242695.jpg

(リハーサル風景)


































2017.3.30
[PR]
by carbon1999 | 2017-03-31 03:07 | piano

carbon ピアノ発表会 2016

あ~ぁ!!!今年もホントにイイ発表会になりました。とっても!

ここ数年で劇的に変化したことは、みんなが他の人の演奏をちゃんと聴くように

なっているんじゃないかな~って思います。

他の人の演奏も、どこかの誰かにとっては、とっても大切な数分です。

生徒も講師も、舞台の上で演奏する人は、全員が努力をしてそこに立ちます。

毎年、その努力を観させてもらってコッチが沢山の力をもらえる発表会になります。

f0190816_14124157.jpg
(本番前の緊張感を緩ます作業は集中力も奪うからNGらしい、、、笑)

数年前に、7歳くらいの女の子が演奏途中に音が完璧に止まってしまって1分近く

(とっても長く感じるんです)みんなが息を飲んじゃって、会場全体が心の中で

「頑張れ!」って思っているのが伝わってくるくらいでした。(練習不足の失敗ではない)

舞台の上で自分の問題をたった一人でキッチリ解決した姿がスゴくカッコよくて、

この発表会の場を無くすわけにはイカない!って改めて強いキモチになりました。

そんな風に人の心を打つような演奏をしてくれたコトをどんなに伝えても今の

彼女はまだ幼すぎて理解できなくて、止まってしまった悔しさしかナイと思います。

でも知らない間に、内に秘める強さにきっとなります。

私がこんな気になったことを、何年後かにちゃんと伝えたい。

今年は中学3年生の最後の発表会って子も多くいました。(さみしかった~、、、)

サッカー少年は、発表会が終わったらその足でサッカーの試合に向かいます。
f0190816_13452777.jpg

演奏が終わってから、私のところにやってきて「受験が終わったらまたピアノ来るから

ほんでサッカーも続ける」って言いました。その子、幼い頃も小さな決心を私に

言ってました。「Jリーグに入って、ピアノも弾ける本田圭佑みたいな選手になるねん!」

続けるコトは簡単じゃないコトだから、やめることもあるだろうし変わることもあります。

でも彼に託された言葉をちゃんと私は大切に持っているようにしていたいな~って。

一人一人をちゃんと見続けて、「ちゃんと見てるよ!」ってコトが役割だと思っています。

みんなのおかげで(生徒、講師、保護者のみなさん、花屋さん、カメラ屋さん、舞台スタッフさん)

今年も、楽しい発表会になりました。ありがとうございました!!!

生まれて初めて、ピアノ発表会ってモノを観た人の感想は「フジロック」より良かった、でした。

ちょっと嬉しかった、、、♡



















2016.7.28
[PR]
by carbon1999 | 2016-07-29 14:24 | piano
ピアノ講師募集!!

こんな風にサイトで募集をかけるのは初めてのコト。

この16年、最初の講師から後輩や友達、調律の方からの紹介でやってきました。

長く続いてきたことで、ちょっとした方針とcarbonのカラーに輪郭がついたので

一般募集をやってみようかと思いました。よろしくおねがいします!!

<条件>
●25歳~35歳まで。大学で音楽について専攻した、講師経験者に限ります。
●レッスン日は金曜日のみ(14時~20時)
●年二回の発表会に参加(講師演奏必須)

大学卒(音楽科)の方を希望する理由のヒトツに音楽史についてを雑学程度でもいい

から子供たちにたくさんのコトを話してほしいからです。

「こんな時代にこんな曲を作ったんだよ!」ってショパンやサティのコトを学ぶ感覚ではなくて、

興味が湧く話として聞かせてあげて、コミュニケーションを取ってもらいたい願いがあります。

イメージして弾くクセは、いつか恋をしたり、怒ったりする感情が音になるような気がします。

音が変わる瞬間を何度もみてきたからそんな風に思うようになったのかもしれませんね。

そーこーしてるうちに、いつのまにか「carbon piano教室」ができたって感じデス。

大学を卒業した人が必ず「うまい!」ってワケではないけど、そこでしてきた努力は

きっと好きじゃなかったらできないような気がするんです。(講師の話をきいてそう思いました)


私にとってピアノは、高校受験を支えてくれた楽器。(家の中での楽しみ)

大人になってからは、実家に帰った時の居場所。(まず、ピアノの前に座る)

仕事のストレスを発散させる。(同じ暗譜曲を繰り返すコトいつも20回は余裕で)

暗譜している曲を弾くと、勝手に両手が動いて頭の中が空っぽになってね、

気持ちよくなるんです。いつも、その話を子供たちに繰り返し言ってマス。

暗譜曲を1曲でも増やしたら、いつかね役に立つよ!って。

ホントにスッキリする。でも私が、子供達に話せることなんてせいぜいそんなもんです。

講師にはもっともっとステキな話をたくさん聞かせてあげてほしいんです。

「あ!わかる、わかる!」って共感してくれる方!!!ぜひ、お待ちしております。

お申し込みはメールで履歴書を送って下さい。→ deki@carbon.gift

面接の日程をコチラからご連絡いたします。

お問い合わせは、06-6764-8260 (TELは13時~17時まで受付け)
f0190816_2472585.jpg


っで、carbonは雑貨屋さんでもあります。ZAKKAもご覧になってください。













オカリナもレッスンしています。(月曜日・土曜日)
[PR]
by carbon1999 | 2016-05-17 03:09 | piano

ピアノ発表会

ピアノ発表会 2月28日(日) 12:00~16:00

レストランで開催する「大人のピアノ発表会」デス。

普段とは違う気分になるために、ドレスを着るのが楽しみな方も、そのドレスを見るのを

楽しみにする方も、参加者全員で盛り上げるスタイルにいつの間にかなっていて

主催者としてはちょっと余裕な気分で、当日は臨むことができるのです。

主婦の方もOLの方も、学生の方も、時間をみつけて好きな曲を練習してきて

演奏する姿は何かを感じずにはいられないくらいカッコいいです。

そして、講師たちは始める前の円陣でキモチを一つにするという「carbon体育会系

ピアノ倶楽部」は「行くぞ!!」「おー!!!」の掛け声から始まります。

なんで?なんででしょうか?わからないくらい昔からの決まりごとになりました。笑、、
f0190816_2244651.jpg

ご参加ご希望の方はお気軽にお声かけください。

その次は7月のホールでのピアノ発表会です。

会場の抽選が今年もなかなか当たらず、苦戦中!!!!!!当れー。

今年の福娘は誰になるのでしょうか!!
[PR]
by carbon1999 | 2016-01-15 02:27 | piano
carbonピアノ教室の講師、関本先生が本日で最後のレッスンでした。

って、そのこと今日になって気づいた私は、アホ!です。

貫録のあるせきもっちゃんにここ数年はいつも助けられていました。

発表会の本番前に、円陣を組んで「いくぞ!!」「おー!!」とかもノリよくやってくれるし

演奏する後姿はcarbonのお父ちゃんやな~っと誰かが言い始めていつのまにか

お父ちゃんでした。ご結婚されるんで、これからはお母ちゃんになるんですね。笑、、

カワイイお母さんになれると思います。いままで7年間ホントにありがとうございました。

こんなにイイ教室になったのはみんなで作ってきた教室やからや!!ってこんな機会の

今日、改めて思いました。(コチラは↓↓carbonのステキな三人組、デス。笑)
f0190816_1271959.jpg

真ん中が、15年目のお母ちゃんデス。←とっても、コワいの、、、。笑

2016年、冬のピアノ発表会は2月28日(日)に決まりました。

来年の発表会も、また楽しい会にしましょうね♪
f0190816_0441538.jpg

[PR]
by carbon1999 | 2015-12-18 01:35 | piano
ピアノの発表会のプログラムは15年間ず~っと同じ印刷屋さんに

お願いしていました。

その印刷屋さんは前職の美術館時代からなので、、、とても長い付き合いでした。

今年もいつもと同じように「特厚のカラー紙で三つ折り加工100枚」の注文の

電話をしたら「わ!ゴメン、、carbonさんは1年に1回の注文やから連絡忘れてた」

「ウチ、やめてん!!誰もやらんしな」(跡継ぎがいないってずっと言ってた!!)

スゴいショックで次に出てくる言葉を一瞬見失った、、、。

「長い間、お疲れ様でした!ありがとうございました」

おっちゃんと会われへんのは寂しいけど、さて、今年のプログラムをどうする???

その直後に偶然会った近所のオッチャンに事情を話すと「ほな知り合いに訊いたろ」

って言ってその場で電話し始めて、「ハイ、自分で言い」っと電話を渡されて

10分で印刷屋さんが決まり、1週間後にはプログラムがcarbonに納品されました。

空堀のおっちゃんパワーおそるべし!!!笑!


講師や生徒の演奏の方も熱が入ってきています。(ソロはもちろんのコト)

親子連弾や母の伴奏で娘ちゃんが歌うっていうのもあって、それスゴク楽しみなんです。

ピアノ弾けません~って言ってたお母さんがスゴク練習してきて、その伴奏風景に

ホロッと涙が出そうになりました。何事も簡単にできるコトはないんですよね~!!

同じ年代の人が新しいことに挑戦する姿を見ると胸が熱くなります。(歳のせい?)

子供もその母の姿を見て、将来そのことをどんな風に思い出すのか・・・

反抗期にはこの写真L版にプリントして渡してやろ~って考えてニヤニヤ。
f0190816_015985.jpg

[PR]
by carbon1999 | 2015-06-24 00:26 | piano

7月はピアノ発表会♪

そろそろ、ピアノ発表会も申込書を作らねば~7月ですからね!!

今年もどんなドラマが見れるのか楽しみデス。

16年目に突入して振り返ってみると、当初は目先のことを必死にコナしていく

だけでした。でも、長く続く人間関係で築いていくものってホントにいいモノですね。

いろんな経験が自信になったり、なんでも楽しさに変換できる力に確実になっています。

やっと、ホームページに集合写真だけでもまとめるコトができたのでご覧ください。

コチラから→「carbon piano教室」

10周年記念のページも作ってまだまだ載せたい写真もあるんだけど、回らない。

でもね、写真を見て講師がね、一人も変わってないのが笑ける!!

(お一人さま増えましたけど)ホントに素敵なメンバーでさせてもらってマス。

教室のイイ空気感は、講師、生徒、保護者の方がみんなで作ってくれたモノって

改めて感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます♡


14年ほど前のある日、生徒の5歳男児がレッスン中に、先生に怒られてトイレに

立てこもり事件を起こしました。(説得に応じることなくしばらく出てきません、、、)

お迎えにきたお母さんはケタケタ笑って、トイレからスグに連れ出しました。

その5歳児も今年、大学に進学しました。(ピアノは辞めちゃったけど・・・)

どこでどうなったかこないだのサザン地方公演ライブに一緒に行ってきました!

f0190816_14405346.jpg

ときどきこんなご褒美的な時間も味わえるんで、マスマス教室に恩返ししなくては

っという思いで頑張れるんです。

(彼のかわいい妹ちゃんが今年も発表会に出るんです!母、初伴奏←現在猛特訓)

だから今年から入会してくれたチビッコ達もどんな風に成長していくのかを想像して

楽しみでしょうがない気持ちになります。


7月の発表会では、生徒と講師が頑張ってステキな演奏を皆様にお届けします。

そして、その日はご家族でなんでもイイし、少しでもいいので音楽について

お話しできる時間をもっていただければ、carbon、万々歳デス!!(笑)
[PR]
by carbon1999 | 2015-05-28 15:13 | piano
毎年、この時期は体験レッスンの予約が多く入ります。

教室もたくさんあるので、いろんな教室で体験されてピンっとくる教室に

決められるコトをオススメいたします。小さいお子様はとくに先生との相性

(感覚的なもの)も多少のやる気や集中力にも繋がってくると思います。


子供の頃、私自身がピアノの先生がキライになってしまいピアノを弾くことは

好きだったけど親に教室を変えほしいとは言えず「やめたい。」っとお願いしました。

やっと買ってもらったピアノを目の前にして・・・・。

でも、受験のときやむしゃくしゃしたときに暗譜している曲を繰り返し弾き続けると

ホントに頭がスッキリして気分転換になるので、少しでも弾けてよかったな~って。


そしてcarbon piano教室をするときに、「先生が嫌だから辞める!」だけは

ない教室にしたいっと思い始めました。そのコトは講師に1番お願いしています。

一人一人の生徒の様子もよく話して、反抗期の時期や受験の時期を越える

経験をしてきたので、平均的な目標も定まってきました。

2つくらいの大きい壁を越えるところまで一緒にできたらいいな~っと!

コレがナカナカ難しくもあるのです。

(嫌で嫌で仕方なくなる時期はほぼみんなにやってきます。なので根気です)

子供が好きだけでずっと集中して継続していく!ってことはスゴク低い確率で

大半の子供は練習が嫌になったり、勉強との両立で負担になったりします。

みんな同じ条件の中で、ずっと辞めないで続けるコが個人差はあるものの、

2つの大きな壁を乗り越えて必ずやってくる瞬間があります。

ステキすぎて泣いてしまうような、演奏を聴かせてくれます!!!

その瞬間、「あ~、教室やってきてよかったな~」って毎回思うのです。
f0190816_14335100.jpg

音取りの苦手だった子が、キレイな旋律の「エリーゼのために」を弾いたり

アンパンマンのリズム打ちが一人だけできなかった子が、「幻想即興曲」を

弾きあげたり、長い年月でいろんなコトをこの教室で経験させてもらいました。

この経験をちゃんと「carbon piano教室」に返さなくては!っと思っています。

毎年、小さい子供が入会してきたら10年後とかをついつい想像してしまって

ワクワクします。素敵な演奏を楽しみにしていますね♪

私は見続けることしかできない役割ですから、ずっとちゃんと見てます。

※ピアノ発表会では親子連弾や兄弟連弾も挑戦してもらってます。
[PR]
by carbon1999 | 2015-04-15 14:52 | piano