人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

イイことは連鎖する!!

夜長堂さんとの久しぶりのイベントも、楽しく過ごすイイ時間になりました。

来ていただいた方も、七五三で無理になった方も、深爪してバイキン入って歩けなかった

人も、めっちゃ行きたかった~っとメールくれてありがとー!!

次回、またイイモノ用意しておきますので、お楽しみに~♡

f0190816_2175167.jpg

さてさて、ウチの実家の隣りの家には親戚のような、ふか~い付き合いの家族がいます。

実家に帰るとそっちにいる時間の方が多いし、なんでも話せるオバちゃんがいます。

オバちゃんっといっても、隣に引っ越ししてきたとき彼女は26才の新妻で私は17才の高校生。

2才と3才の姉弟は、いまでは我が子のような(?!)存在。

人生のどんな場面にもこの家族はそばにいて、送り出してくれたり、迎えたりしてくれている。

ムゥが亡くなったときは、「そんなふうに苦しんでるアンタの姿が私は好きや」って大泣きしてる

私に泣きながら言うて来たけど、全然意味がわからんくて・・・冷静になってから、、、紛らわしい

言い方するなー!って思ったり。笑、、

ムゥとの15年の間に2度ほど、ムゥを手放さなアカン状況になったコトがあったんやけど、

その度に手放す方を勧めた、オバちゃんの忠告を振り切ってしんどい選択をしてきたコト。

私がムゥと離れない為にどんなコトでもしてきた、みっともないコトも全部知ってる。

そのオバちゃんが、突然オッチャンの(旦那さん)父親の介護をすることになった。

私の姿をみてきて、「やろう!!」って気になっているらしく、ほぼ毎日実家に通っている。

孫も病院の送迎をしたりしてみんなで頑張っているようだ。

介護は周りのみんなが「えらいね~」って褒めてくれるからできるんやでっと言っていた。

その姿に感心した、オバちゃんの職場の主婦たちも老人を抱える人達ばかりで

みんなが前向きに介護に取り組むようになっていっているみたい。

いろんな意見交換しながら、愚痴などもときどき。

あれ~!ムゥと私の姿は老人介護にかなりの貢献をしたのかもしれないっと思いながら、

ときどき、ウチの庭の芝刈りをオバちゃんに手伝ってもらいながらウダウダ話しは止まらない。

いろんな忠告は相変わらずされるけど、ひとっつも聞くつもりがナイことはわかっているようだ。




❍ 月がキレイな夜だと、ムゥに逢いたいキモチが爆発する。・・・ボン! 2013.11.20
by carbon1999 | 2013-11-20 02:13 | 感謝のきもち。