カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

carbon ピアノ教室

carbonにピアノレッスンで通っている子供達とも、年々話す機会が減ってきている。

先生からは一人、一人の個性や進み方などを聞いて、時々意見することもあるのですが

それではダメだなっ、なんとかせねば!と課題のヒトツにしています。


先日、受験の為に一旦お休みすることになった生徒さんとお別れをしました。

カワイイ盛りの5才、生意気な時期、ちょっと反抗期?いろんな表情をみてきて10年。

驚いたのはcarbonを選んだのは本人だったそうです。お母さんの自転車に乗って谷町筋を

疾走していたら、急にcarbonの看板を指さして「ココでピアノ習う!」っと何度もしつこくお願いした

らしくて、諦める様子もなさそうで体験レッスンにきたのがキッカケだったようです。

負けず嫌いな彼女は、常にヒョウヒョウとしているからずっと逞しいなーっと思っていました。

だけどホントは発表会の翌日は熱を出したりしていたそうです。そんな暴露話をお母さんと

たっぷりして二人とも泣きそうになりながら、子供の成長を語り合いました。

1番面白かったのが、発表会に選んだ曲が難しくて、「誰やねん、こんな曲作ったんわー

アホちゃうかー」って泣いて楽譜を床に叩きつけてピアノやめる!!宣言をしたらしいです。

そのとき母は、「じゃ、自分で今日先生にやめますって言うてきなさい!筋道を通してきなさい」

と送り出したらしいです。ピアノから帰ってきたら「ピアノ続けます、、」っとポソリ。

そこには講師とのやりとりもあったようです。いろんなドラマがあるんですね。


やめたい壁を乗り越えて、弾けるようになって達成感を味わう、そしてレベルアップしていく

っで、音にいろんな感情を入れ込んで自分の演奏をするようになっていってほしいなーっと

いつも願っています。

講師と生徒の絆みたいなモノもちゃんとあって、ステキな卒業式でした♡

f0190816_1594179.jpg

[PR]
by carbon1999 | 2018-09-10 02:03 | piano