人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2016年 05月 17日 ( 1 )

ピアノ講師募集!!

こんな風にサイトで募集をかけるのは初めてのコト。

この16年、最初の講師から後輩や友達、調律の方からの紹介でやってきました。

長く続いてきたことで、ちょっとした方針とcarbonのカラーに輪郭がついたので

一般募集をやってみようかと思いました。よろしくおねがいします!!

<条件>
●25歳~35歳まで。大学で音楽について専攻した、講師経験者に限ります。
●レッスン日は金曜日のみ(14時~20時)
●年二回の発表会に参加(講師演奏必須)

大学卒(音楽科)の方を希望する理由のヒトツに音楽史についてを雑学程度でもいい

から子供たちにたくさんのコトを話してほしいからです。

「こんな時代にこんな曲を作ったんだよ!」ってショパンやサティのコトを学ぶ感覚ではなくて、

興味が湧く話として聞かせてあげて、コミュニケーションを取ってもらいたい願いがあります。

イメージして弾くクセは、いつか恋をしたり、怒ったりする感情が音になるような気がします。

音が変わる瞬間を何度もみてきたからそんな風に思うようになったのかもしれませんね。

そーこーしてるうちに、いつのまにか「carbon piano教室」ができたって感じデス。

大学を卒業した人が必ず「うまい!」ってワケではないけど、そこでしてきた努力は

きっと好きじゃなかったらできないような気がするんです。(講師の話をきいてそう思いました)


私にとってピアノは、高校受験を支えてくれた楽器。(家の中での楽しみ)

大人になってからは、実家に帰った時の居場所。(まず、ピアノの前に座る)

仕事のストレスを発散させる。(同じ暗譜曲を繰り返すコトいつも20回は余裕で)

暗譜している曲を弾くと、勝手に両手が動いて頭の中が空っぽになってね、

気持ちよくなるんです。いつも、その話を子供たちに繰り返し言ってマス。

暗譜曲を1曲でも増やしたら、いつかね役に立つよ!って。

ホントにスッキリする。でも私が、子供達に話せることなんてせいぜいそんなもんです。

講師にはもっともっとステキな話をたくさん聞かせてあげてほしいんです。

「あ!わかる、わかる!」って共感してくれる方!!!ぜひ、お待ちしております。

お申し込みはメールで履歴書を送って下さい。→ deki@carbon.gift

面接の日程をコチラからご連絡いたします。

お問い合わせは、06-6764-8260 (TELは13時~17時まで受付け)
f0190816_2472585.jpg


っで、carbonは雑貨屋さんでもあります。ZAKKAもご覧になってください。













オカリナもレッスンしています。(月曜日・土曜日)
by carbon1999 | 2016-05-17 03:09 | piano