人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:感謝のきもち。( 69 )

温泉を掘る=20周年

温泉を掘る=20周年_f0190816_1553582.jpg


20周年が無事に終わり23日が過ぎました。

時間が経つほどにいろんな思いと参加してくださった方への感謝のキモチ、

皆様の健康状態に問題が起こらなかったコトで少しづつ終わったんだな、っと実感。

たくさんの方から頂いたメールやお便りにそれぞれのキモチを丁寧に綴ってくれた

文面に、その場にいらした方々と同じ気持ちでいれることに日に日に幸せを感じる

ことができるようになってきました。

そしてリッツ・カールトン大阪のスタッフの皆様の徹底したプロの仕事っぷりも

大変勉強になりました(お客様をお守りいたします感がすごかった)。

ミュージシャンのヒナタカコさん、野上朝生さん、榊原洋子さんの素敵な歌!

っというより、魂がこもった演奏だったような気がしました。

参加された方も同じハードルを越えてココにきたというキモチの一体感。

あの状況では「参加したくても今回はちょっと」となって当たり前でしたから

お迎えするところから心苦しくて複雑なキモチでしたが演奏の瞬間はそれを

忘れるコトができて音楽のパワーってスゴイな!っと改めて思いました。



20年以上前に父親が会社で企画した温泉を掘るという事件がありました。

レジャー業界が不景気の大きな波に飲み込まれていく中で生き残るべくして

巨額の予算を投入して温泉を掘るという計画(普通に考えると大多数が反対意見)。

もちろん社内での立場はいまなら想像できるし、どんな覚悟で決行したかもわかる。

温泉が出なかったら、ウチの家族は路頭に迷うコトは確実だったような気がします。

幸い、温泉は無事に出て浴槽全体が父親のデザインしたラフ案に近いもので仕上がって

とっても開放感のある素敵なお風呂になりました。

ですがお父さんはハゲました。笑!オーナーからはハゲはみっともないからカツラを

作りに行け!と言われたりして、、、可哀そうだった。


今回の20周年でこの温泉事件を思い出して、お父さんのキモチが少しわかった

気がした。決断する怖さ、決断したあとの覚悟になんの後ろ盾もなく心細かったコト。

それでも、carbonにエールを送ってくれた沢山の方がいて、20年続けてこれたのは

この人たちのオカゲなんだっと繋がっているご縁に感謝しかありません!

こんな状況でなければきっとここまでハッキリわからなかったコトだったと思います。

一生忘れるコトのできない大切な時間となりました。

20周年に携わっていただいた沢山の皆様、本当にありがとうございました。


素敵な音楽、美味しいお菓子、キレイになる魔法の時間、届いたきれいなお花たち、

そして、禁止していたはずのみんなからのサプライズ!

主催者としてやや言えない空気もありますが、私個人として言わせて頂きます!

全部まとめて、忘れられないとっても素敵な20周年イベントでした。

リッツ・カールトン大阪のスイートの1室に1時間半で作り上げてくれたショップを、

8HATIで再現し、「旅するcarbon」 ~4/14 16:00 詳細はコチラ←まで

フランスで見つけてきたかわいいモノを中心に、旅の写真と合わせてご覧ください。

土曜、日曜は時間によって在店しております。




















2020.3.23
by carbon1999 | 2020-03-23 02:01 | 感謝のきもち。

ひなまつり

ひなまつり_f0190816_0514075.jpg


責任とか決断とか、20年分の葛藤がココに集約されたような1週間でした。

準備で忙しくしていた私に食事を届けてくれた母親も、イベントの5日前からは

連絡もなくなり、連日ニュースでは不穏な情報が飛び交う。

両親に相談すれば、返ってくる言葉は手に取るようにわかっている。

連絡がないコトが「アンタの判断に任せる!」というサインだということも

わかりながらも心の中では少し『逃げよった!』っと思うほどに私自身がかなり

追い込まれていた。

そして今日、3月3日久しぶりに母親に電話すると、1番最初のセリフが「やったん?」

「やったよ」というと、「そうか、アンタが築いてきた20年やねんから任せようって

お父さんと私の意見で今以上に追い込んだらアカンって思ってん、おつかれさんでした」

それの返事に「おなかすいたー」っと言ったら、「ひなまつりやから、ちらし寿司作った

から持って行こか?」電話1本で今日のゴハンはちらし寿司になりました。

薄焼き卵に寿司を包んで、うずら卵をゆで卵にして顔を作ってのお内裏様とお雛様では

なかったのが残念だったけど、ありがたいモンでした。

今回の親の判断には95点をあげましょう!

マイナス5点はひな寿司を手抜きしたから、、けどおいしゅうございました ♡

今回のようなケースについて終わったことに、それが正しいか間違っているか、

と言わない親に育ててもらえてホントに良かったっと思ったひなまつりでした。























2020.3.3
by carbon1999 | 2020-03-04 01:18 | 感謝のきもち。
carbonピアノ講師 吉田先生_f0190816_22585585.jpg

carbonの吉田先生についてはココでは語り切れません!

ずいぶんと長く一緒にやってきたのですが、おもしろいくらいマイペースです。

ホントにおもしろいくらい!(2/29リッツで探してみてください)

子供への指導がどんどんうまくなっていって、ピアノが楽しいとか好きっていう

大事なことを子供のキモチに定着させるコトができる。弾くことが習慣になれば、

あとはもの凄く楽なんじゃないかなって思います。ですが、ご自分の娘にはそうは

いかず、ホンキで怒りまくってしまうらしい。指導に私情がはいるのはNGですね。

レッスンには冷静さが必要という事を学んだらしいですよ。

その娘も中学3年生になり、去年は絶賛反抗期中でした。

写真の頃はママなしではダメだったのにねー。笑!

ですが、反抗期中も私にはめっちゃイイ子ちゃんだったのでユニバ行きました。

この子達(妹もいる)もcarbonと共に♡デス。


2020.2.29 at リッツ・カールトン大阪37階スイートルーム
carbon 20 YERAS
・・・→ 20th特別サイト

※当日券はございません。お手数ですがサイトより2/10までにご購入をお願い致します。
<昼のチケット>
<夜のチケット>

※ご遠方からお越しのお客様には、関西おススメのフライヤーを
 同送しております。































2020.1.28
by carbon1999 | 2020-01-28 23:15 | 感謝のきもち。

なんにもできないまま。

なんにもできないまま。_f0190816_029889.jpg

おかげさまでcarbonは20年目を無事に迎えました。

ありがとうございます。感謝のいろんな思いは2月29日に直接私の言葉で

お伝えできればイイなーっと思っております。

ご案内のサイトはコチラから!→ http://www.carbon1999.jp/20th/

コレまで何十年もすべてのイベントを常にソバで応援してくれていたメンバーが

少しの間不在で、いつも色々聞いてもらって力になってもらってたんやーっと

今回は応援する側になって、このイベントを思いっきり楽しんでもらえるよう

頑張ります!


振り返ってみると、起こったすべてが必要なできごとで経験してきたことは

生かすも生かさないのも、自分次第で選んできた道が、「今ココ!」という

コトなんでしょうね。

こないだ、8HATIのイベントで集まったメンバーと搬入の後にお茶にいって

顔なじみのメンバーなんだけど、年齢を聞かれて答えると久しぶりの「若いなー!」

という返しが新鮮でした。少し年上の目の前の人たちが、カッコよすぎて

こんなカッコいい年上の人が近くにいるコトに恵まれているなーっと思った。

まだまだ、っと思う20年目ですがコレからも、どうぞよろしくお願いします。

























2019年12月 満月の夜
by carbon1999 | 2019-12-13 00:30 | 感謝のきもち。
じつは、20周年イベント!_f0190816_22525016.jpg


Happiness Project はcarbon 20周年イベントでもあります。笑(自分の思いの中だけ)

20周年イベントにしなかったのは「おめでとうー!!」なんて感じで皆様にお越し頂くのも

なんだか違うし、10周年をがんばりすぎた後遺症もあってか、今回はプレッシャーを限りなく

ゼロに近いところで、お客様方にイイ出会いやキッカケをという思いを込めた企画デス。

美味しいものと楽しいコトと、身体のメンテナンスを考えるセルフケアなイベント!


鎌倉で開催した10周年イベントのときは、鎌倉に拠点がほしい!とか、20周年も鎌倉で

するために!とか色々野望があったんだと思うけど、誰に向けてするのかというところが

10周年とは大きく違ったんだと思います。

それに町会のおっちゃんにも、「アンタとこはまだ8周年くらいちゃうか?」って笑わたりして

「10年分はOPENしてた思うで!」っと返しときました。(営業日数のコトね!)


参加していただく方々とは、20年という時間の中でいろんなご縁が繋がっていって今回

ご一緒していただくコトになったステキな仲間です。

なにもナイところから企画を練って、カタチを作って、輪郭が見えてきて少しづつ想像していた

よりイイ感じになってきて、(だって、新潟からマリールゥさんがイベントに参加してくれるという

サプライズ的な事件も!!)あとは雨が降らない事だけを祈っています。ぜひ祈ってください!


carbonでこのイベントのサポートしてくれているバイトさんは、15年以上carbonにピアノで

通ってくれてくれている生徒さんが今年になって、かなりマニアックな雑貨好きとわかって

話が一気に盛り上がり、「じゃ、ウチでバイトしてやー!」ってコトになったヨシコさん。

今回の Happiness Project の1番縁の下の力持ちになってくれています。thank you!


ココだけの話ですが、instgram をフォローしてくれている方に

ささやかですが、プレゼントのご用意があります。(お渡しはcarbon shopにて)

カフェ、ワークショップ参加の方はスタッフにフォロー画面を見せて下さい。

プレゼント引換券をお渡しいたします。


Happiness Projectの開催場所はcarbon長屋、(中央区谷町7-2-19)デス。

carbonも通常通り営業しております!7/7のKCOFFEEさんはcarbonの前で

コーヒースタンドでご提供いたします。(中央区谷町6-6-11)















2019.6.29
by carbon1999 | 2019-06-30 00:00 | 感謝のきもち。

ストロベリームーン

こないだのストロベリームーンはとってもキレイに見えましたね。

あまりにもキレイで月を見ながら、ドビッシーのコトを考えていた。

ドビッシーがみた月はコレじゃないだろうなーってもっともっと大きくて青光りの月に

違いない!とかね。

才能があればあんなにステキな旋律が浮かぶのに、自分ときたら「ストロベリームーン」って

バカじゃないの!とか思いながらこのブログのタイトルを書き始めました。


息子(隣の家の子)がね、タクシーの運転手になって1年が経ちました。

先日、荷物を運ぶのを手伝ってもらい、お茶していたら「こないだ大変な客がいてなー」っと

ケータイを差し出して動画を再生された。

その動画には、お金を支払わずに車から立ち去ろうとした酔っ払いの客に息子(隣の家の子)が

殴られている映像でした。「なんなんコイツ!!!」って思って怒りと一緒にいろんな

キモチが爆発してボロボロと泣いてしまった。でも私が泣いたのは怒りとは全然別の理由で、

その客にどんなに激しくバカみたいに罵声を浴びせられても殴られても、腕をつかんで冷静に

「お金支払ってください」って言ってる息子(隣の家の子)の姿が社会人として、大人として

仕上がっていたからだ。被害届も出さず、料金さえもらえばもうイイという結論で終わらせたらしい。

動画を取ってくれていた通りがかりの人にも、ホントに感謝しかないデス。

証拠がなかったら相手にどんな言いがかりをつけられるかわからない世の中だから。

ボクシングジムに通ってたから、うまくパンチを交わしている様もカッコよかった!


小学校5年生の時に、学校でモメて帰ってきた息子(隣の家の子)が泣いてたから

言い分をスグ言いに行こう!って車に乗せて(モチロン赤のmini)学校に行った。

先生にどちら様ですか?っときかれて「隣の家のモノです!」って言ったら先生の「は?」って

顔を見て、そーや私、全然関係ない人やん!ってコトに気づいた。

ずっーと、私が守らないと!ってキモチがどっかにあったのにいつのまにか大人になっていて、

逞しくなっちゃって、、、私の老後は安泰の気がしてきた。笑、、

Happiness Project のためにminiのメッキを磨いてメンテナンスをしてくれるんだって

ありがたいねー。

コッチはホントに何も変わっていないデス。
ストロベリームーン_f0190816_2214592.jpg











































2019.6.21
by carbon1999 | 2019-06-21 02:29 | 感謝のきもち。
あけましておめでとうございます!_f0190816_10532730.jpg


2019年がはじまりました。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。


carbonをはじめよう!っと思ったのがちょうど20年前の1月末のことでした。(1999年)

勤めていた美術館の閉館が告げられたのです。そのとき、本社の工務店にも

お誘いもしてもらったのですが、頭のどこかにお店をしたい!と漠然とあったことが

「今だ!」っと決定付きました。(結局、工務店とcarbonの両方が仕事になっていますが)

11ヶ月後の12月3日に谷町六丁目に「carbon」がOPENしました。

20周年、なにかしようかと少しづつ考えてみます。


まずは年末にバタバタと準備をしていた、1月4日からスタートの芦屋のスペースRさんでのイベント

「スタイリストさんたちの冬の蚤の市」に参加させていただきます。

毎年、朝から整理券を配布するくらい大人気の蚤の市デス。

納品に行った時に「コレ、ホシイー!!」を連発して帰ってきました。ホントにステキなモノが

たくさんありました。そしてどれもが、もう一度大切に使ってもらえる人のところへ届けられる

コトを願われているオーラがあるものばかりです。

1月4日は芦屋までぜひ、足をお運びください。

















2019.1.2
by carbon1999 | 2019-01-02 11:15 | 感謝のきもち。

2018年もあと、20日。

今年のウチにできることはあとどのくらいあるんだろう?

そんなにないかもしれないけど、この1年にコナしたことを考えると5年分くらいは

あったんじゃないかと思うので、あと、20日はちょっとキモチをゆっくりしよう!っと

決めたところに、鳥羽の住宅地のモデルルームのインテリアコーディネートの依頼が

あり、スケジュール的に無理でしょ、ッと思いながら打ち合わせに入るとなんだか

受ける体で話しがドンドン進んで、この日とこの日は無理です、っとリクエストをしたら、

NG以外の日は全部を費やしてギリギリの納期。さぁ、どうなる!

工程表と見積り書をFAXしたら、とりあえず旅立ちます!

2018年もあと、20日。_f0190816_19425113.jpg
































2018.12.11
by carbon1999 | 2018-12-11 19:44 | 感謝のきもち。

お盆休み

毎年8月中旬頃に交わされる、「暑さも緩み朝晩が過ごしやすくなりました」ときいても、

軽く頷くくらいの同意のイメージでしたが、今年は大きく「うん、うん!ホントよかったねー」って

抱き合いたいくらい涼しくなったことがとっても、とっても嬉しいです。

carbonの店内は去年、入れ替えたばかりの新型のエアコンが全然効かないです。

今まで、長屋だといってもこんな状況になったことは1度もありませんでした。

コレから毎年、夏がこんなコトになるのだとしたらいろんな事を見直さないといけない!と

危機管理のアンテナが働きました。


さて、こんなに暑い時になにか始めるなんて気にはきっとならないだろうっという思いから

carbonピアノ教室!夏のキャンペーンを開催いたします。

carbonピアノ教室の入会金通常8000円なのですが、2018年9月末までにご入会される

生徒さまに限り、「酷暑割引」をさせていただきます。(半額以下でご案内いたします)

これまでに体験レッスンを受けられた方も対象になります。(初のキャンペーンです)

ピアノ教室の詳細はコチラからご覧ください。

お盆休み_f0190816_3171264.jpg






























2018.8.17
by carbon1999 | 2018-08-17 03:20 | 感謝のきもち。

2018年。


HAPPY NEW YEAR!!


今までは気にも止めないようなコトにたいして、ありがたいなーっと思えるようになったから

幸せを感じるコトが増えてきたのかもしれない、、そんな年末年始でした。

実家の隣りの家の子供とね、30年くらい交流があります。初めて会ったときは2才と3才の

姉弟でした。幼かった二人にある私との記憶はきっと、私より6年分ほど少ないと思う。

その6年分がどんなに貴重な時間だったか、、、ホントに可愛かった、、、。


今年も相変わらずのお正月は、3人でお茶しに行って男気ジャンケンで勝負して、

弟のお支払いになりました。ポケットから出した財布に一瞬、目が止まってビックリした。

20年ほど前に、私が彼氏に何かでプレゼントした財布を10年程前にその彼が使わなくなって

捨てようとしていたら、弟が「俺、使うわー」っと言って持って帰った財布でした。

まさか、まだ使っていてくれただなんて、、、。すごーい!!!

「財布何回も買ってんけどコレより使いやすいのと出合わへんだけやねん!」っと。

もう、そこには微塵も私の思い出もなく、清々しくも弟の財布になっていた。

イイ歳になるというコトは、いろんなモノやコトに知らず知らずに時間が積み重なって、

それを振り返るコトができる年齢になっていくコトなのかもしれない。スゴくおもしろい。

carbonでチョイスしたモノが誰かの人生のストーリーになれていると嬉しいなーなんて

その財布を眺めながら、願ってみました。

2018年。_f0190816_114778.jpg


今年も皆様にステキなモノと時間をお届けできるように頑張ります。





















2018.1.6
by carbon1999 | 2018-01-06 01:26 | 感謝のきもち。