人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:20周年( 6 )

ポスティング、やめない根性!_f0190816_230453.jpg

マンダムのM4(エムフォー)というスキンケアのサンプルを20周年で

お配り致します。(30歳以上の女性のみ)笑!29もギリOK!

このcarbonの20年の歴史的なお話です。

オープンした1999年12月からまだ生徒のいないピアノ教室がスタートしました。

ピアノの生徒募集をどうやってしていくかを考えて色々しました。

オープン当初は今では考えられないこともたくさんと工夫してやっていましたね。

大人の生徒さんを増やすために谷町六丁目で働く方にピアノ教室を知ってもらおう!

っということになり、朝の8時にピアノ講師3人と改札から上がってくる階段出口の

前に立ってビラを配りました。周辺には都市銀行2つに、オフィスビルも沢山

あって1枚1枚、丁寧に配りました。何人かそのチラシを見てお店に足を運んで

くださって手応えもあり調子にのって1か月に数回したかな、、でも続かなかった。


そのチラシを手にしてくれた、新入社員の人が駅を出たところでチラシを受け取って

仕事に慣れたら習いに行こうっと決めてましたっと1年後に教室に入会してくれました。

ボロボロになったチラシを手にもってcarbonに来てくれました。

その時のコト、スゴく嬉しかったから今でもハッキリと覚えています。

東京の大学院卒業して(超有名校)マンダムに入社して開発研究に所属と聞いて

「なにつくってんのー?」と、バカみたいな質問をしても優しく、面倒くさがらず

関東弁で「今、研究しているモノは10年後とか、もっと先じゃないとまだなんにも

わかんないんだよねー」っと。(じゃ、なにしに会社いってんねん!)しか

思えなかった私です。それから、ご結婚されて、妊婦さんで発表会に参加してもらい

旦那さんに赤ちゃんを抱っこしてもらって、二人目も生まれて、歩くようになって

ご家族そろって、ずっーーとcarbonの冬の発表会を楽しみにしてくれて、、。

年一のルーティンで何十年も同じ時間を共に過ごしてきました。

その彼女が2020年、初めて仕事の話を出してきました!

エイジングスキンケア「M4」が7年近くの研究を経て発売しました。と!

この研究にガッツリ携わった彼女が持って来てくれたサンプルは、私にとって

すごくすごく重みのある商品で「これかー!!!」って感じでした。笑

20周年で配っても大丈夫?っと聞かれて、もちろんイイよー!!ってコトで

30歳以上の女性のお客様に夜の部でお配り致します(高価なんで数がね少ないの)

昼の部の方、ゴメンなさいね!


この生徒さんがチラシを大事に取っていてくれた事実は、私に20年間ポスティングを

やめずにし続ける根性を与えてくれた。カオリちゃん!!ありがとうー♡

アナタもcarbonの力の一つなのデス。





































2020.1.24
by carbon1999 | 2020-01-24 23:51 | 20周年

こんなこともある!

こんなこともある!_f0190816_23342313.jpg
先週の金曜日ものすごくバタバタしていて、福島区の8HATIに持っていく

荷物をまとめて、carbonの前に車を置いて少し店でスタッフに作業の

申し送りをしていたらお客さんが入ってきて、「ココ、ピアノ教室なんですね?」

ご興味なる方なんだと思って少し話していたら、20周年のDMを見て

「ヒナタカコさん知っていますー」っと言われて、大学が同じで歌が上手と

学校内でも有名だったようデス。わずか、8分くらいしか時間はなかったのですが

この方とお店でお会いできたのは奇跡的なタイミングでした。

「私、スグに出かけないといけないんですー」っと急ぎ目でその場を去ったのですが

次の日、その方からメールでご連絡を頂きまして、20周年イベントのお申込みを

して下さいました。

スゴい短時間だったのに、めぐり合わせの不思議なモノをスゴく感じました。

※ピアノのイラストはKAMAKULANIオーサーの三嶋さつきさんに描いていただいたモノです。

20周年の会場でもポスター、DM、ヒナタカコさんのオリジナルクリアファイルで

販売予定しております。



2020.2.29 at リッツ・カールトン大阪37階スイートルーム
carbon 20 YERAS
・・・→ 20th特別サイト

※当日券はございません。お手数ですがサイトより2/5までにご購入をお願い致します。
<昼のチケット>
<夜のチケット>

※ご遠方からのご参加してくださる方が多いため大阪の見どころもチケットと
ご一緒に発送しようかと思って情報を集めております。お手元に届きますまで
しばらくお待ちくださいませ。























2020.1.23
by carbon1999 | 2020-01-22 23:20 | 20周年
carbon 20 YEARS ヒナタカコ LIVE_f0190816_0474958.jpg

ブログを書かなきゃって思っていてもホントに文字が出てこない。

でも、どんなイベント内容に仕上げていっているのかを知っているのは

世界で私しかいないわけだから、書くよ!

今日はヒナタカコさんとゲストで来てくださる野上朝生さんが

どんなライヴをしてくださるかなのですが、初めてヒナさんの

歌をステージで聴いたときは野上さんとご一緒されたライヴでした。

「ジブリジャズ」作品で編曲を担当するピアニスト野上朝生さんは

ウワノソラーズの名義で1stソロアルバムを発表しました。

11月23日のヒナタカコ10周年アニバーサリーコンサートの会場で

偶然、野上さんと会場でお会いして「20周年行きますよ!」っとお声を

かけて頂きビックリして死んでしまいそうでした。

そして、今回こんなにスペシャルな音楽を皆様に聴いていただける

機会がこの記念すべき20周年でホントにうれしい!!

ヒナタカコさんのブログにとってもうれしいお言葉を頂いております。

ぜひ、ご覧ください!ライヴはお昼の約1時間を予定しております。

夜はライヴはないのですが、お二人もご参加してくれてなにかスペシャルな

コトがあるかもしれません!楽しみにしていてくださいね♡

















2020.1.22
by carbon1999 | 2020-01-22 00:54 | 20周年

パリのスト

パリのスト_f0190816_054255.jpg

長すぎる!今回のフランスでのストは最長記録を更新したそうですよ。

フランス人のこの辛抱強さにスゴイなっと思うしかできない、どんなに好きな

場所でも暮らせないな、っと諦めてしまう。それでも、魅惑のパリなのです。

carbon20年目の記念日12月3日はパリで過ごしました(予定通り)。

そんな記念日だということを知らずに、フランスの友人がその日プレゼントしてくれた

「carbon」と書いたPrinted papers。受け取った瞬間、ポロポロ涙が落ちた。

全く気付かない友人は「わー、ゴメン、なんか濡れてるしまってるね」と

申し訳なさそうに台紙に落ちた涙を拭いたから、「いや、それ私の涙です、、」

「え!マジか!」って笑われてしまった。

だって、今日でcarbon20才やねんもんっと明かすと天才的なタイミングやん!と。

そしてね、翌日12月4日に日本に帰国したら、12月5日からフランス全土で大規模

ストライキに入って現在も続行中!!もし、1日ずれていたらと思うとホントに

ゾッとしました。

でも今までで1番楽しかった、フランス旅行だったことは間違いないです。

27年前初めてパリに来た自分を思い出しながら、時間旅行もしました。

8号線の終着駅のホテルだったから、そこまで行ってみてこの道覚えてる!とか。

よくこんな不便なところに泊ったよなーっと、その時のキモチもその場所に立って

みるとリアルに思い出すコトができてちょっとヒリヒリした。

会話したすべての人がイイ人ばっかりで、ホントに楽しい記念旅行になりました。



2020.2.29 at リッツ・カールトン大阪37階スイートルーム
carbon 20 YERAS
・・・→ 20th特別サイト

※当日券はございません。お手数ですがサイトより2/5までにご購入をお願い致します。
<昼のチケット>
<夜のチケット>

※ご遠方からのご参加してくださる方が多いため大阪の見どころもチケットと
ご一緒に発送しようかと思って情報を集めております。お手元に届きますまで
しばらくお待ちくださいませ。























2020.1.16
by carbon1999 | 2020-01-16 01:44 | 20周年

ムゥにあいたいー!!!

ムゥにあいたいー!!!_f0190816_2234135.jpg


20周年のDMに取りかかっています。

そんなつもりはなかったけど、写真なしのDMはcarbonらしさがナイかも!っということに

なって写真を探し出すとやっぱりムゥになるんですよねー(クゥにはまだ早い、笑)。

いつまで経っても頼れる存在デス。

こんなキモチにまだなるもんやねんなーっと、会いたいなーとか、元気にしてるかなーとか

もっと一緒に過ごす時間を持てばよかったとか、「バカじゃないの!」を手拍子のように入れて、

自分ツッコミしながら、思いに更けてみた。

我慢するキモチには、今はただの通過点なだけやからと言い聞かせてそばに居ないことも

会えないことも我慢できるようになった。

でも、まだまだ泣ける、水分がたまってきた時のデトックス効果としてはイイのかもしれない。

ムゥと一緒に始めたようなcarbonだから、感謝のキモチをムゥとお届けいたします!

お手元に届くまでしばらくお待ちくださいませ。



















2019.11.19
by carbon1999 | 2019-11-19 23:06 | 20周年

carbon

carbon_f0190816_072590.jpg

「carbon」っていうショップ名はどこからの由来?っと最初の頃はよく聞かれた。

そのコトを今日は書いてみよう!っと思います。

20周年の準備で、毎日「carbon」「carbon」って書く日が続いているので、久しぶりに語る。


谷六に物件を決めた日に、保証金の100万円というお金のコトでドキドキした。

誰にも相談せずに(もちろん親になんか言ったら反対されるに決まってるし)一人暮らしも

したことがなかったから、契約とかもしたことない!保証人も誰に頼もうか、、問題は山積み。

そんなとき東大阪の交差点で信号待ちしていたときに、「元素記号の中から名前をつけよう!」と

そのことだけはスグに決まった。(化学が好きだったのと、なにかの素になる感じが気に入った)

そこの印象が強くて、その場所を通って同じ景色を見ると「あ!ココだ!」っていつも思う。

それから紙に書きだして、いろんなフォントで打ち出してあれやこれや、行ったり来たりしながら

辿り着いたのが、亜鉛「ZINC」(ジンク)だった。名刺も作って、東京の展示会や仕入れ先探しも

「ZINCです」とか言って準備をしていたら、「1回で覚えにくい、冷たい感じがする、かわいない」と

言われてダンダンそんな気がしてきて、第二候補の「carbon」に急遽変更したのが1999年10月頃

まさに、20年前の今頃!オープンは2か月後の12月、印刷物の変更にはギリギリ間に合った。

20年後の今、まだ同じような作業をしているけど、取り巻く環境は激変と相変わらずの二極化。

迷って、悩んで選んできた道が間違っていてもそれをコレでよかったわー!って思えるようにするって

決めたし、まだまだ生きてるし楽しいコトは全部見つけていかなアカンし、毎日とぉーても忙しい。

なんでも楽しむコトにしたら、なんかそれが「carbon」やなーって最近思えてきた。

ほんでね、いっつもcarbonに「声出して笑え!!」って言われてる気がする。

涙がでるくらいいろんなコトに感謝してる。(でないけどね、、)


「carbonかバカボンかしらんけど」って大工さんに言われたんもなんか気に入ってしまった。

いつからか私を元気づける一言なのだ!(バカボンのパパ風に)






































2019.10.13
by carbon1999 | 2019-10-13 23:13 | 20周年