人気ブログランキング | 話題のタグを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

秋の空

秋の空_f0190816_00254642.jpg

2008年秋の空。

どの季節の空にも印象的な思い出があって、なにも考えずにキレイやなーって思うコトは

もうないんじゃないかと不安になってくる。夕焼けのキレイ日は急いで帰宅する、

月のキレイな日はデパ地下のお惣菜を買って帰る、台風の日はビデオを借りに行く。

6月は歩いて蛍を見に行く。季節や景色が変わるだけでその中で繰り返しながら生きてる様な

感じやったなー。今は、必死でキレイなモノを見落とさないように心がけている気がする。

奥歯をギュッと噛みしめて堪えるような気分にときどきなる、突き抜けるようなたかい秋の空。

来年の秋も、こんなコト書いた事すら忘れて、きっと同じコトを初めてのように書いてる。






















2021.10.4












# by carbon1999 | 2021-10-05 01:08 | 感謝のきもち。

WABARA Three Days!

WABARA Three Days!_f0190816_01205942.jpg

薔薇作家が作品のように大切に育てた、薔薇の事を3日目で70%くらいをやっとお話しできるくらいに

なりました。スゴく素直なんです、驚くくらいに!いままで沢山の薔薇と出合ってきましたが

全然違いました。葉の表情が最後まで生きているんです。なんなら新芽まで出てきて、花に栄養を回す

ために容赦なく切るところ下の方の葉ですら躊躇してしまうくらいキレイでした。

そして3日間が終わってからinstagramを見た友達から連絡があり、薔薇談義に熱が入り次の機会を

楽しみにさせることに成功!!笑。

品種名のシャルロット・ぺリアンを2本(絶対にご好意だと思う!)入れてくださっていたので

今回は個人的にその薔薇が見れただけで、ホントに胸がいっぱいになるくらいうれしかった。

販売はせずに最終日までお越しの方には観て頂いて、ぺリアンのお話や2019年パリで開催された

展示会の図録やその会場で、オープニングイベントでこのWABARA シャルロット・ぺリアンが

配られたことを熱く語ることができた(大満足!)。

あとは、映画好きの20代女子に「映画館やったらいいねん!」とか音楽教室やりたい人に、

今じゃないって思わず物件色々見に行ってたらその気にもっとなんでーとか話しながら、何かを

やりたい!っと思っている人と沢山話せたことがワタシにもやる気を与えてくれたようなそんな

イベントでした。ピアノの生徒さんとは「薔薇から連想することは?」大会も開催して年代別に

色々出てきて面白かった。薔薇ほどいろんな物語に出てくる花は絶対にないってことにちょっと驚いた

(アナタは何が思い浮かびましたか?)。

次は12月にまたWABARAができればなーっと妄想しているんですが、コロナがね、、、

こいつが厄介なんですよー。


納品の際に薔薇作家、國枝啓司さんの思いを綴った本が同送されてきて、その中に

「生きたばらをつくる」とありました。carbonでは3日間まさにそんな感じの時間でした。

こんな小さなスペースで、いろんな人が薔薇で語り合うって....ホントに生きたばらだなーと思った。

誰も来てくれないかもっと思っていたから、こんな時期に足を運んでくださった皆様に

心より感謝いたします。ありがとうございました。

安心してみんなさまに「おこしくださーい!!」って言える世の中に早くなってほしい。

もう少しだ!がんばりましょう。

WABARA Three Days!_f0190816_01595265.jpg

薔薇の写真ってスゴくいいですよ!チェキでバースデーカード作る為にいっぱい撮りました。























2021.9.14
































# by carbon1999 | 2021-09-14 02:07
それほど賢くなくてよかった話。_f0190816_02305859.jpg

何度見ても、毎日みても感動する景色ってありますよね。

見慣れてしまったモノをもう一回、真っサラのキモチで向き合うことはけっこう得意デス。


記憶ってホントに大したことがないから(私の?)本の整理をしていたら読み更けてしまう。

5年くらい前に読んでこのキモチ忘れずにいよう!って思ったはずなのに、読み進めていっても

何にも思い出すことはできずに同じようにワクワクドキドキして最後のページまできて、

「たしかこんなキモチになったわ!」てなことがしばしば起きる。

せめて展開くらい覚えておきたいけど、歳を重ねるごとにそれすら出てこない。

映画の場合は、音楽はシッカリ残るから音楽はめちゃくちゃ大事です。

ピーターラビット1の実写版でマグレガーの仕事の理念が、carbonを始めた時のキモチと

カブってて、そこでチュルっと泣いた。録画は永久保存版!それから1回も観てないけど、、。

数秒のワンシーンや、短いセリフ一つで特別な1作になるところが映画の面白いところですよね。

アニエスベーの「わたしの名前は...」も海辺で洋服の色彩がスゴく良くて美しい映像だった。

アニエスべーっていうブランドでそこに目が留まったのかもしれないけど、そこも作品のチカラ。

こんなことを書き始めてもっかい観たい映画は?と問うと、色々あるんだけど1番に今、

思ったのは「君といた永遠」(香港)かな。

20代の頃ケーブルテレビで夜中に放送していたのを、辛気臭い映画だなーって思いながら

途中で何度もリモコンを手にしたけど、なんとか最後まで観終えたらなにかが心に残った。

今でもそれがあって、なにかはわからないけどもっと後でもいい気がするからまだいいや。

音楽も映画も本も、それほど賢くない私は毎回新鮮なキモチで2回目も楽しめるのがイイ。

本の話を書くつもりが、着地点は映画の話。今回のタイトルには当てはまったからセーフ!












2021.9.8

















# by carbon1999 | 2021-09-08 03:32 | book

WABARA

WABARA_f0190816_00323919.jpg


2021年の夏もパッとせずで、ホンの少しでも何かキモチが明るくなるような事ができないか!

常にグルグル考えていました。滋賀県のWABARAさんへお取引のご挨拶にお邪魔した際に

ファームで摘み立てのバラを持ち帰らせていただき、食卓に1本飾りました。

たった1本のバラなのに人が横切ったくらいの風でフワッといい香りがして

「あー!!!コレがバラなんだ!」って強烈に鼻から脳に伝達して思ったの。

写真のバラは持ち帰ってから9日目のバラです。毎日、感謝する気持ちでお世話していたら

この日が1番きれいに見えて、一眼レフ出してきて撮りました。

お盆辺りの、あの憂鬱な雨!家の中で過ごしながらこのバラがいい気分にしてくれました。


そこで!!!9月10日~12日にcarbonでWABARAの美しさと香りをお楽しみください。

【営業日時 9/10・11・12 13:00~17:00】


ホントに「星の王子さま」のバラのように感じた。たくさんあるバラではなくって、

自分にとっての大切な1本のバラっというキモチになりました。

ささやかではありますが、シアワセなキモチになってもらえる「バラを楽しむ小さな会」

だと思ってぜひ、carbonへ遊びにお越しください。




















2021.8.30


# by carbon1999 | 2021-08-30 01:26 | interior | Comments(0)

carbonピアノ発表会 2021

carbonピアノ発表会 2021_f0190816_02454848.jpg

夏の発表会は無事に開催ができて、2週間が過ぎやっと「ホッ」とするコトができました。

最後のあいさつではうまく言葉にして、参加の皆様に伝えるコトができなかったのですが

コロナ禍という環境になってから、音楽を聴く事も演奏する事も、尊く貴重な時間に感じる。

そんな事が言いたかった。


毎年、発表会が始まるとゆっくり演奏を聴いてる暇もなく次にする段取りと、扉の前で演奏途中の

出入りを誘導して、最終の3部が始まると舞台裏で最後の挨拶を考え出してできるだけその日感じた

コトを話すようにしてきたのですが、今年は完全に聴く側の立場になって誰の演奏も聞き逃し

たくなかった。一人一人の努力で、仕上がった曲は頑張ろう!ってコチラのチカラになり、何度も

聴いてきた曲を新しいモノに感じてウルっときたりしました。オカゲで最後の講師演奏まで

シッカリ聴いて、ノープランのままマイクを持って舞台へ最後の挨拶に挑んだ結果は散々で。笑


何十年も通う大人の生徒さんにも「参加してよかったです、色んな事をがんばろうーと思わされ

ました」とメールをもらって、みんながそんな風にこの会を楽しめるように、言葉で小さな輪を

大きくしていくもの私の役割の一つだなと改めて思いました。

小さな子供の歌声は魔法デス!生涯の中で自由にのびのびと歌える時間は僅かで、そこにたまたま

居合わせた大人が勝手に感動して勇気をもらって、とっても貴重な時間を過ごしているんですよね。

そんな話をその場にいた皆と話すのも、発表会後の醍醐味なのです。


生徒に向き合う講師の努力も、生徒さんの努力にも、

親御さんのご協力にも心より感謝いたします。

また、来年♬

※カメラ屋さんの写真が仕上がってきました。20年前の写真と並べると顔が確実に、丸い!!

carbonピアノ発表会 2021_f0190816_03260201.jpg
(※コチラの写真撮影はアナウンス席の直美ちゃん /上部写真は観客席のホイちゃん)































2021.7.24



# by carbon1999 | 2021-07-24 03:42 | piano