人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

芸術家たち 2

芸術家たち 2_f0190816_13550496.jpeg
昨年の秋に開催したトークイベント河内タカさんの続編「芸術家たち2」が10/27に発売されます。

まだ私も読んでいないので内容については語れないのですが、この1年河内タカさんのSNSから

アートを鑑賞する楽しみ方を学ばせていただいたような気になっております。

作家の環境、時代背景など海外で鑑賞する場合キャプションはもちろん日本語ではありません!

ですが、河内タカさんの解説でホントに面白く鑑賞できます(河内節も癖になってきました)。

先日、「KYOTO GRAPHIE」へ出掛ける予定していた当日に河内さんのSNSで記事を見て作品の

観ていく順番を考え直したくらい。笑!このイベントもコロナの影響で開催が危うかったらしく、

どのイベントも開催している裏側には大変な思いと努力があるんだろうなーっと、今年2月に20周年

を開催した経験から察するコトができます。河内タカさんのトークイベントも「2」が出たなら

もちろん開催したいデス!でも、安心して集まれる場所、集まってくれる方への注意喚起を

どこまでするかなどですよね。まだまだ、色々が難しいですね、、。


今年はなんだか試練ばっかりデス。ザ・コンランショップの創業者コンラン卿が9月14日に88歳で

他界されたコトも私には大きすぎる事件でした。コンラン卿を知らない!という人も「イケア」や

「クレート&バレル」はご存知でしょ?海外だけでなく日本のインテリアブランドにもたくさん影響を

与えてきたのがコンラン卿だと思っています。私も幼い頃、西武百貨店の中に入った「HABITAT」が

衝撃で、初めてのパリでも「HABITAT」でワクワクして滞在中何度も足を運びました。


インスピレーションを受けて、いろんなモノが生まれている。このコロナ禍から受け取るなにかもきっと

あるんだろうなーとは思っているのですが、生活が不便すぎてまだまだそこまでイケないのが現実かな。


河内タカさん昨年のトークイベントの記事デス。


























2020.10.12





# by carbon1999 | 2020-10-12 14:51 | exhibition

日に焼けた右腕

健康診断に行ってきました。

若い看護師さんが一人ついてくれて、血液検査やら体重測定やらを順序良くこなしました。

少しづつ慣れてきて色々話しながら、進めていってると右腕をアルコール消毒しながら

「右腕がけっこう焼けてますねー」と言われて、なんとなく自然に出た返事が「男のいない夏やった

みたいやん」と答えた(なんか人懐っこい子やったから友達みたいな感じでしゃべってしまい)。

「なんでですか?」ときたから、「いやいや、若い頃は彼氏がいたら左腕が焼けて、いないと右腕

が焼けてたから」というともう一度「どういう意味ですか?」ときた。

「運転席か助手席かやん!」と答えたら、「なんですかー!!その話めっちゃエモい!!」と言われた。

こーゆうときに使うんや『エモい』は!

ちょっと楽しい健康診断でした。


日に焼けた右腕_f0190816_18173778.jpg


















2020.10.7







# by carbon1999 | 2020-10-07 18:18 | 日々のコト

中国茶

中国茶_f0190816_2214867.jpg


中国茶のワークショップは10年くらい前にcarbonで開催したことがあったのですが、

それ以降はお話が楽しい講師になかなか巡り会えず、ご縁がないかなーっとけっこう

アンテナを張っていました(参加費もそこそこという条件で)。

そして、久しぶりによいタイミングで中国茶W.Sが開催されることを情報を入手して

日程をみたら翌日でしたが、夜中に申し込んでみたら奇跡の参加OKでした!

主催者はご夫婦で開催されていて、レジメも茶菓子も茶葉も完璧でした。

素人が見ても赤字じゃないの?という内容で、会話もみんなで弾んであっという間に

3時間が経過していました。講師の方は普段は建築家として仕事をされていて、お茶は

「息抜きなんですよー」とのことで、いつになるかわかりませんがぜひ、大阪でも

中国茶のW.Sしてください!!っとお願いしてしまいました。

初めてお会いするメンバーでこんなに楽しいのがイベントの1番理想形です。

企画するイベントでこんな風に参加者の方に思ってもらえるコトがまたやりたい。






























2020.9.16
# by carbon1999 | 2020-09-16 22:19 | exhibition

キッチン

キッチン_f0190816_0242872.jpg


コレまで施主として施工きた物件にもキッチンは作ってきたけど

料理をするという概念はなく、コップが洗えて、お湯が出て見た目が

それっぽくタイルでかわいけりゃOKでした。

コロナ禍の3月~7月の楽しみは自炊で美味しいモノを食べる(作る)というコトを

生まれて初めて(今?)楽しいと感じて、キッチンの居心地も考えるようになった。

そんな中、キッチンのコーディネートの相談を受けて調べれば調べるほど

奥が深い!私の本棚には専門の本は1冊しかなく2013年版は、ほぼ役に立たず

決まったスペースにはめ込むことの難しさを感じています。

元々は既製品でいいじゃん!って話だったけど、狭くてないの!オーダーになると

そこそこの車が買えちゃうくらい高いの!

手抜き簡単料理だけどするようになっててよかったー、少しイメージが湧く。

いつか自分のキッチンを作る日のためにやっている感もあって、楽しい♡


20年近く一緒に現場に入ってくれていた大工さんが身体を壊して現場を降りた。

勝手に名づけた「チームcarbon」はもう同じ顔触れはそろわないなんて、泣く。

大工さんとたった1枚しかない一緒の写真なのに頭にアイスノン巻いてるし。



















2020.8.27
# by carbon1999 | 2020-08-28 00:24 | interior
暑さ、雷雨に振り回される飼い主_f0190816_2101998.jpg

犬のいる生活は小学校の入学祝に迎えれた念願のポメラニアンの女の子からはじまった。

毎日、ぬいぐるみに話しかける演技までして「犬がほしい!」アピールには余念が

なかった。大学生になるまで一緒に過ごしたけど、暑い日寒い日に家にいる犬を

気にすることなんてなかった。家からこの子がいなくなることを考えることはなく

さよならの日がやってきた。


実家を出て独立してから迎えた初代コーギーは男の子のムゥ。

マンションの上階の為、夏もエアコンはかけずに窓を開けてお留守番してもらい

12才からはじまった介護で3年間二人で濃厚な時間を過ごした(二人三脚的な)。


現在、2代目コーギーのクゥは、エアコン28度設定で出掛けているんですが突然の雷雨に

なると雷も怖がるし、一瞬の停電でもしエアコンが切れていたらどうしようー!と心配で、

心配で、大急ぎで帰宅する始末。最寄り駅から家までのダッシュは年相応の走りでは

絶対にない!笑(階段はもちろん1段飛ばし、下りは時々2段とばし)。


こんなに人として成長した自分をほめとこ!エライ。

暑さ、雷雨に振り回される飼い主_f0190816_21213193.jpg

なつかしいムゥの写真も!あー、抱きしめたい!
























2020.8.24
# by carbon1999 | 2020-08-24 21:32 | ムゥとクゥのコト